ニュース詳細

6月第一例会「山形ブロック大会への理解を深めるセミナー」

6月8日(金)天童市農業センター1階大会議室にて6月第一例会「山形ブロック大会への理解を深めるセミナー」を行いました。この例会では一般社団法人山辺青年会議所2017年度理事長でおられる峯田和宜君を講師としてお招きして、「山形ブロック大会で得られる気づきや学びについて」をテーマに公益社団法人天童青年会議所メンバーに向けてブロック大会への当事者意識を高め、メンバーの参加する意欲の向上につなげることを目的に講演を実施致しました。現在、天童青年会議所は会員数が増えている一方で、入会歴の浅いメンバーが増え、経験豊かな人材が少なくなり会員の育成が大きな課題となっています。メンバー一人ひとりがより積極的に青年会議所運動に参画していく人材へと成長する上で、それぞれが自発的に気づきや学びの機会を捉える向上心を養うことが必要です。そのために2016年ブロック大会委員長、2017年ブロック大会主管LOMの理事長をされた峯田直前理事長をお招きし、ブロック大会委員長としての考えや主管LOMから見たブロック大会、たからいちからマルシェに変わってどのような効果が得られたのか、少ないLOMメンバーで大会主管をする工夫や市民の巻き込み方など、2年間に渡りブロック大会の中心にいた峯田直前理事長だからこその講演をして頂きました。その後講演内容を踏まえ「主管としてどんなブロック大会にしたいか」をテーマに6つのグループに分かれ、委員会メンバーが進行を務め、意見をまとめグループごとに発表するというグループワークを実施しました。主管として、よりLOMの色を出せるたからいち(マルシェ)や大懇親会を中心に議論しました。ブロック大会主管開催を仮想し、グループに分かれテーマに沿って議論することで、メンバーの当事者意識の向上が図れ、ブロック大会への参加促進につながったのではないかと思います。ご講演頂きました峯田直前理事長、本当にありがとうございました。

 

 

ニュース詳細

6月第一例会「山形ブロック大会への理解を深めるセミナー」

6月8日(金)天童市農業センター1階大会議室にて6月第一例会「山形ブロック大会への理解を深めるセミナー」を行いました。この例会では一般社団法人山辺青年会議所2017年度理事長でおられる峯田和宜君を講師としてお招きして、「山形ブロック大会で得られる気づきや学びについて」をテーマに公益社団法人天童青年会議所メンバーに向けてブロック大会への当事者意識を高め、メンバーの参加する意欲の向上につなげることを目的に講演を実施致しました。現在、天童青年会議所は会員数が増えている一方で、入会歴の浅いメンバーが増え、経験豊かな人材が少なくなり会員の育成が大きな課題となっています。メンバー一人ひとりがより積極的に青年会議所運動に参画していく人材へと成長する上で、それぞれが自発的に気づきや学びの機会を捉える向上心を養うことが必要です。そのために2016年ブロック大会委員長、2017年ブロック大会主管LOMの理事長をされた峯田直前理事長をお招きし、ブロック大会委員長としての考えや主管LOMから見たブロック大会、たからいちからマルシェに変わってどのような効果が得られたのか、少ないLOMメンバーで大会主管をする工夫や市民の巻き込み方など、2年間に渡りブロック大会の中心にいた峯田直前理事長だからこその講演をして頂きました。その後講演内容を踏まえ「主管としてどんなブロック大会にしたいか」をテーマに6つのグループに分かれ、委員会メンバーが進行を務め、意見をまとめグループごとに発表するというグループワークを実施しました。主管として、よりLOMの色を出せるたからいち(マルシェ)や大懇親会を中心に議論しました。ブロック大会主管開催を仮想し、グループに分かれテーマに沿って議論することで、メンバーの当事者意識の向上が図れ、ブロック大会への参加促進につながったのではないかと思います。ご講演頂きました峯田直前理事長、本当にありがとうございました。